ICT施工に向けて

建設生産プロセスの全体の更なる効率化を目指す【i-Construction(ICT技術の全面的な活用)】、3次元データ・ICT技術の活用は今後更に拡大して来ます。当社はきめの細かいサポートで地域の建設会社様のICT施工をご支援します。

i-Constructionで新しい地域作りを

ICT工程

「施工」を含む全ての建設施工プロセスに「3次元」の要素が加わるICT技術の活用のポイントは「3次元 (3D)データ活用」と「ICT施工機械の活用」

測量

従来のTSやレベルによる縦横段測量に変わり、ICT施工では、3次元測量に変わります!UAV(ドローン)、3Dスキャナー、深浅測量無人ボート等、現況の3次元データ取得の為に最新の計測機器が活躍します

設計・施工計画

現況3次元データ、設計3次元データとの比較により、土量計算を始め、施工管理に必要な様々なデータを得る事ができます。

施工・施工管理

従来施工では建設機械を導くのは「丁張り」「水糸」であるが、ICT施工では建設機器に3次元化した設計図面がデータ連動。GNSS(GPS)測量機など、必要なICT機器を建設機器に搭載し、「検測」や「丁張」無しでの高精度で高効率な施工を行います。

検査

従来施工では設計図面と、測量結果を比較した書類での検査が、 ICT施工ではUAV等(通称ドローン)を用いた写真測量の実施により、現況3Dデータを比較することで、起工測量/出来形検査等を実施します。

ICT施工の検査