トラぽん太

UM-300G2-D

toraponta

POINT①:超音波による相互通信

重機側装置と作業員側装置が相互通信することにより周辺の構造物や地面からの反射に惑わされることなく設定エリア内の作業員を検知します。

POINT②:作業員側は複数使用に対応

車両側1台に対して作業員側は複数対応可能です。

仕様:EES-BC26W / 30W

危険エリア範囲 3~10m
危険余地エリア 1m、2m、3mから選択
危険エリアの幅 距離4mの位置で監視角度約180°
車両側警報 ブザーとLEDランプ
作業員側警報 ブザー脈動音
車両側電源 12Vまたは24V
作業員側電源 単4乾電池×2本

※詳細な仕様については本製品の製品取扱説明書を参考にして下さい。

付属品

エリアセンサー×2、センサーケーブル(3m)×1、センサーケーブル(5m)×2

カタログをダウンロードする:トラぽん太